平成29年度卒業式

2018年3月27日(火)に卒業式(@京都市勧業館みやこめっせ)ならびに卒業証書伝達式(@電気総合館大講義室)があり,恒例の記念撮影(@赤煉瓦玄関前)を行いました.

カテゴリー: Event | 平成29年度卒業式 はコメントを受け付けていません。

平成29年度大学院学位授与式

2018年3月26日(月)に大学院学位授与式(@京都市勧業館みやこめっせ)があり,恒例の記念撮影(@赤煉瓦玄関前)を行いました.

カテゴリー: Event | 平成29年度大学院学位授与式 はコメントを受け付けていません。

研究室歓送会 2018

2018年3月17日(土)19時~,ハートンホテル京都にて歓送会を行いました.修士の大荷,氏家,業天,森田,大石,藤田,学士の氏原の7名が研究室から巣立って行きました.

カテゴリー: Event | 研究室歓送会 2018 はコメントを受け付けていません。

ISQED 2018

2018年3月13日~14日に米国カリフォルニア州サンタクララ市で開催された International Symposium on Quality Electronic Design (ISQED) 2018 にて,M1の新が研究発表を行いました (発表日は14日).

新の発表は、集積回路の経年劣化緩和に関するものです。
集積回路の経年劣化はトランジスタの温度や電圧だけでなく、トランジスタがオンとなる確率(デューティ比)やトグル回数(周波数)などの動作条件に依存します。本研究では今まで定量的に考慮されていなかった経年劣化の周波数依存性について、プロセッサースケールの回路でその影響を評価しました。また、デューティ比と周波数の相関モデルを定義し、その妥当性を評価しました。その結果、プロセッサ等の回路では、トグルが起こらない不活性のトランジスタが多いことから、ワーストパス遅延に対する周波数依存性の影響は大きくないこと、複数アプリの実行や劣化緩和手法の適用によりその影響が大きくなること、がわかりました。

  • Zuitoku Shin, Shumpei Morita, Song Bian, Michihiro Shintani, Masayuki Hiromoto, and Takashi Sato:
    “A Study on NBTI-Induced Delay Degradation Considering Stress Frequency Dependence,” in Proc. of International Symposium on Quality Electronic Design (ISQED) (Santa Clara, CA), Mar. 2018.
カテゴリー: Conference/Workshop, Publication | ISQED 2018 はコメントを受け付けていません。

第14回IEEE関西支部学生研究奨励賞 受賞

2018年2月28日(水)の2018年IEEE関西支部総会にてIEEE関西支部学生研究奨励賞授賞が行われ,D1の辺,M2の藤田,森田,大石が表彰されました.
受賞対象の発表は以下の通りです.

  • Song Bian, Michihiro Shintani, Masayuki Hiromoto, and Takashi Sato:
    “LSTA: Learning-Based Static Timing Analysis for High-Dimensional Correlated On-Chip Variations,” in Proc. of ACM/IEEE Design Automation Conference (DAC) (Austin, TX), 73.3, June 2017.
    DOI: 10.1145/3061639.3062280
  • Yuya Fujita, Masayuki Hiromoto, and Takashi Sato:
    “PARHELIA: Particle Filter-Based Heart Rate Estimation from Photoplethysmographic Signals During Physical Exercise,” IEEE Transactions on Biomedical Engineering, Vol.65, No.1, pp.189-198, Jan. 2018.
    DOI: 10.1109/TBME.2017.2697911
  • Shumpei Morita, Song Bian, Michihiro Shintani, Masayuki Hiromoto, and Takashi Sato:
    “Comparative Study of Path Selection and Objective Function in Replacing NBTI Mitigation Logic,” in Proc. of International Symposium on Quality Electronic Design (ISQED) (Santa Clara, CA), pp.426-431, Mar. 2017.
    DOI: 10.1109/ISQED.2017.7918353
  • Kazuki Oishi, Michihiro Shintani, Masayuki Hiromoto, and Takashi Sato:
    “Input Capacitance Determination of Power MOSFETs from Switching Trajectories,” in Proc. of International Conference on Microelectronic Test Structures (ICMTS) (Grenoble, France), pp.87-92, Mar. 2017.
    DOI: 10.1109/ICMTS.2017.7954270
カテゴリー: Award | タグ: , | 第14回IEEE関西支部学生研究奨励賞 受賞 はコメントを受け付けていません。

Nonlinear Theory and Its Applications, IEICEへの論文採録決定

Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE への以下の論文の採録が決定しました.

  • Rui Zhou, Michihiro Shintani, Masayuki Hiromoto, and Takashi Sato:
    “Modeling of Interelectrode Parasitic Elements of V-Groove SiC MOSFET,” Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE, (to appear).
カテゴリー: Publication | タグ: , | Nonlinear Theory and Its Applications, IEICEへの論文採録決定 はコメントを受け付けていません。

IEEE Transactions Circuits and Systems II: Express Briefsへの論文採録決定

IEEE Transactions Circuits and Systems II: Express Briefs への以下の論文の採録が決定しました.

  • Yuki Tanaka, Song Bian, Masayuki Hiromoto, and Takashi Sato:
    “Coin Flipping PUF: A Novel PUF with Improved Resistance against Machine Learning Attacks,” IEEE Transactions Circuits and Systems II: Express Briefs, (to appear).
カテゴリー: Publication | タグ: , | IEEE Transactions Circuits and Systems II: Express Briefsへの論文採録決定 はコメントを受け付けていません。

IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciencesへの論文採録決定

IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences への以下の論文の採録が決定しました.

  • Satoshi Yamamori, Masayuki Hiromoto, and Takashi Sato:
    “Efficient Mini-Batch Training on Memristor Neural Network Integrating Gradient Calculation and Weight Update,” IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, (to appear).
カテゴリー: Publication | タグ: , | IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciencesへの論文採録決定 はコメントを受け付けていません。

IMW2018採択決定

以下の論文が2018年5月14〜16日に開催予定の国際会議 IEEE International Memory Workshop (IMW) 2018 に採択されました.

  • Shogo Matsumoto, Hidenori Gyoten, Masayuki Hiromoto, and Takashi Sato:
    “RRAM/CMOS-Hybrid Architecture of Annealing Processor for Fully Connected Ising Model,” in Proc. of International Memory Workshop (IMW) (Kyoto, Japan), May 2018 (to appear).
カテゴリー: Conference/Workshop, Publication | IMW2018採択決定 はコメントを受け付けていません。

第31回 回路とシステムワークショップ 採択決定

以下の論文に関して第31回 回路とシステムワークショップでの採択が決定しました.本会議は2018年5月17〜18日に北九州国際会議場にて開催予定です.

  • 三宅 哲史, 廣本 正之, 佐藤 高史:
    “畳み込みニューラルネットワークの周波数領域学習による演算量削減”, 第31回 回路とシステムワークショップ (於 北九州国際会議場), 2018年5月 (予定).
  • 松本 章吾, 業天 英範, 廣本 正之, 佐藤 高史:
    “多ビットの相互作用をもつ全接続イジングモデルのためのRRAMアニーリングプロセッサ”, 第31回 回路とシステムワークショップ (於 北九州国際会議場), 2018年5月 (予定).
  • 齊藤 成晃, 廣本 正之, 佐藤 高史:
    “有機トランジスタによるBuskeeper PUFの試作と連続測定のためのリセット回路の検討”, 第31回 回路とシステムワークショップ (於 北九州国際会議場), 2018年5月 (予定).
カテゴリー: Conference/Workshop, Publication | タグ: , | 第31回 回路とシステムワークショップ 採択決定 はコメントを受け付けていません。