3回生(研究室配属対象者)の皆さんへ

佐藤高史研では2018年2月20日(火) 13:00〜14:00,14:00〜15:00 に研究室配属対象者向けの研究室見学会を開催します.関連情報はこちらに掲載しています.

カテゴリー: Announcement, Event | タグ: , | 3回生(研究室配属対象者)の皆さんへ はコメントを受け付けていません。

英文論文誌 IEICE Transactions on Information and Systems への論文掲載

以下の論文が英文論文誌 IEICE Transactions on Information and Systems に掲載されました.

組合せ最適化問題を解くためにイジングモデルを用いる方法が近年注目されています.この解法は,利点である並列性を生かすためにハードウェア実装される場合が多いです.実装を行う際には最適化における確率的な挙動を実現するために乱数生成器を用いますが,これが大きな回路面積を占めるという問題がありました.本論文では乱数生成器の代わりにシフトレジスタを用いた方法を提案しました.これにより,得られる解の精度をあまり落とすことなく,面積効率を向上させることができます.提案手法をFPGA上に実装し,最大カット問題を解いた結果,既存のソフトウェアソルバと比較して10〜10000倍高速に同等の精度の解を得られることを示しました.

  • Hidenori Gyoten, Masayuki Hiromoto, and Takashi Sato:
    “Area Efficient Annealing Processor for Ising Model without Random Number Generator,” IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E101-D, No.2, pp.314-323, Feb. 2018.
    DOI: 10.1587/transinf.2017RCP0015
カテゴリー: Publication | タグ: , | 英文論文誌 IEICE Transactions on Information and Systems への論文掲載 はコメントを受け付けていません。

DAC2018採択決定

以下の論文が国際会議DAC2018(ACM/IEEE Design Automation Conference)に採択されました。

  • Song Bian, Masayuki Hiromoto, and Takashi Sato, “DWE: Decrypting learning with errors with errors,” in Proc. ACM/IEEE Design Automation Conference (DAC), to appear
カテゴリー: Uncategorized | DAC2018採択決定 はコメントを受け付けていません。

IEEE Transactions on Power Electronicsへの論文採録決定

以下の論文がIEEE Transactions on Power Electronics (TPEL)へ採録されました.

  • Michihiro Shintani, Yohei Nakamura, Kazuki Oishi, Masayuki Hiromoto, Takashi Hikihara, and Takashi Sato:
    “Surface-Potential-Based Silicon Carbide Power MOSFET Model for Circuit Simulation,” IEEE Transactions on Power Electronics, (to appear).
カテゴリー: Publication | タグ: , , | IEEE Transactions on Power Electronicsへの論文採録決定 はコメントを受け付けていません。

ACM/IEEE ASP-DAC 2018

2018年1月22日~25日に大韓民国済州島で開催されたAsia and South Pacific Design Automation Conference (ASP-DAC) 2018にてM2の森田が研究発表を行いました(発表日は1月25日).

森田の発表は,集積回路の経年劣化に関するものです.集積回路の劣化度合いは回路に与えられる負荷によって異なっており,最悪の場合の劣化度合いとその際の負荷を予測するのは困難です.本発表では,稀な事象が起こる確率を効率的に求めることができるサブセットシミュレーションと呼ばれる手法を適用することで,劣化が最悪となるような負荷とその発生確率を計算します.ベンチマーク回路を用いた評価実験から,提案手法が既存手法と比べて最大36倍高速化できることを示しました.

  • Shumpei Morita, Song Bian, Michihiro Shintani, Masayuki Hiromoto, and Takashi Sato:
    “Efficient Exploration of Worst Case Workload and Timing Degradation under NBTI,” Proc. of Asia and South Pacific Design Automation Conference (ASP-DAC) (Jeju Island, Korea), pp.631-636, Jan. 2018.
カテゴリー: Conference/Workshop, Publication | タグ: , , | ACM/IEEE ASP-DAC 2018 はコメントを受け付けていません。

ISCAS2018採択決定

以下の論文が2018年5月27〜30日に開催予定の国際会議 IEEE International Symposium on Circuits and Systems (ISCAS) 2018 に採択されました.

  • Yuki Tanaka, Song Bian, Masayuki Hiromoto, and Takashi Sato:
    “Coin Flipping PUF: A New PUF with Improved Resistance Against Machine Learning Attacks,” in Proc. of IEEE International Symposium on Circuits and Systems (ISCAS) (Florence, Italy), May 2018 (to appear).
カテゴリー: Conference/Workshop, Publication | タグ: , | ISCAS2018採択決定 はコメントを受け付けていません。

PRMU/MVE/CVIM研究会

2018年1月18, 19日に大阪府立大学 中百舌鳥キャンパスで開催された電子情報通信学会PRMU/MVE・情報処理学会CVIM研究会にて本研究室M2の氏家が研究発表を行いました(口頭発表は18日,ポスター発表は19日).

氏家の発表は畳み込みニューラルネットワーク(CNN)を用いたリアルタイム物体検出手法に関するものです.CNNは高い物体検出性能を実現できる一方で,演算量やパラメータ数が大きく組込み機器などエネルギー制約が厳しい環境での実装が課題となっています.本発表では動画像コーデックの符号化時に生じた動きベクトルを用いて基準フレームの物体検出結果を補間・追跡する手法を提案し,一定範囲で検出性能を維持した上で物体検出FPSを1/12等に削減できることを示しました.

  • 氏家 隆之, 廣本 正之, 佐藤 高史:
    “動画像コーデックにおける動きベクトルを用いたCNN物体検出の負荷緩和”, 情報処理学会研究報告, Vol.2018-CVIM-210, No.4, pp.1-8, 2018年1月.
カテゴリー: Conference/Workshop, Publication | タグ: , , | PRMU/MVE/CVIM研究会 はコメントを受け付けていません。

IPEC2018採択決定

以下の論文が2018年5月20〜24日に開催予定の国際会議 International Power Electronics Conference (IPEC2018) に採択されました.

  • Michihiro Shintani, Benjamin Dauphin, Kazuki Oishi, Masayuki Hiromoto, and Takashi Sato:
    “Plotter-Based Automatic Measurements and Statistical Characterization of Multiple Discrete Power Devices,” in Proc. of International Power Electronics Conference (IPEC2018) (Niigata, Japan), May 2018 (to appear).
カテゴリー: Conference/Workshop, Publication | IPEC2018採択決定 はコメントを受け付けていません。

BHI2018採択決定

以下の論文が2018年3月4〜7日に開催予定の国際会議 IEEE Conference on Biomedical and Health Informatics (BHI) 2018 に採択されました.

  • Yuya Fujita, Masayuki Hiromoto, and Takashi Sato:
    “Heart Rate Estimation from Facial Videos by Adaptive Region Selection Utilizing Machine Learning,” in Proc. of IEEE Conference Biomedical and Health Informatics (BHI2018) (Las Vegas, NV, USA), Mar. 2018 (to appear).
カテゴリー: Conference/Workshop, Publication | BHI2018採択決定 はコメントを受け付けていません。

2017年度 忘年会 & Sheldon Tan先生歓迎会

平成29年12月15日(金)19:00~,天寅にて,忘年会と,研究室に来訪中のSheldon Tan先生(カリフォルニア大学リバーサイド校)の歓迎会を行いました.皆で鍋を囲みつつ一年を振り返り,来年への意気込みを語り合いました.

カテゴリー: Event | 2017年度 忘年会 & Sheldon Tan先生歓迎会 はコメントを受け付けていません。

SASIMI2018採択決定

以下の論文が2018年3月26〜27日に開催予定の国際会議 the 21st Workshop on Synthesis And System Integration of Mixed Information technologies (SASIMI2018) に採択されました.

  • Yuki Tanaka, Song Bian, Masayuki Hiromoto, and Takashi Sato:
    “A PUF Based on the Instantaneous Response of Ring Oscillator Determined by the Convergence Time of Bistable Ring,” in Proc. of the 21st Workshop on Synthesis And System Integration of Mixed Information technologies (SASIMI2018) (Kunibiki Messe, Matsue, Japan), Mar. 2018 (to appear).
  • Zuitoku Shin, Shumpei Morita, Song Bian, Michihiro Shintani, Masayuki Hiromoto, and Takashi Sato:
    “Comparative Study of Delay Degradation Caused by NBTI Considering Stress Frequency Dependence,” in Proc. of the 21st Workshop on Synthesis And System Integration of Mixed Information technologies (SASIMI2018) (Kunibiki Messe, Matsue, Japan), Mar. 2018 (to appear).
  • Shogo Matsumoto, Hidenori Gyoten, Masayuki Hiromoto, and Takashi Sato:
    “A Feasibility Study of Annealing Processor for Fully-Connected Ising Model Based on Memristor/cmos Hybrid Architecture,” in Proc. of the 21st Workshop on Synthesis And System Integration of Mixed Information technologies (SASIMI2018) (Kunibiki Messe, Matsue, Japan), Mar. 2018 (to appear).
カテゴリー: Conference/Workshop, Publication | SASIMI2018採択決定 はコメントを受け付けていません。